売りから入るってどういうこと?

FXでの売買の方法で、「売りから入る」ということが理解しにくい。どうして、持っていない通貨を売ることができるのだろう。これがわからないと先に進めないような気がして困ってしまいました。買いから入るというのは感覚的にわかるんだけど、売りから入るというのはちょっとわかりにくいです。

調べてみたらどうやら、売りから入るというのは、FXの会社から、売る通貨をいったん借りてきて、売っているそうです。借りてくるとは、考え付かなかったです。

円と米ドルで例を挙げると、仮に、現在のドルのレートが1ドル=100円だった場合、FXの会社から、100ドル借りてきて売ると、100円×100ドル=10,000円です。次に、借りた100ドルは返さないといけませんから、レートが1ドル=95円になった時に、100ドル買います。計算は95円×100ドル=9,500円です。9,500円で100ドル買ったことになります。

すると、100ドル売った時に10,000円を手に入れ、100ドル買った時に9,500円支払ったことになって、500円手元に残ります。逆に、1ドル=105円だった場合は、500円損をしてしまいます。売りから入るとはこういう事なんですね。