FXの勉強

最近は、将来の貯蓄が心配なので資産運用をしないと、と思いFXの勉強をしているんだけど、なかなか挑戦するのには勇気がいります。

急に相場が変わってマイナスが増えてったらどうしようとか、プラスになったけどまだ売買しなくても大丈夫かなとか、自分のなかで売買する時のポイントが定まっていません。けっこうそういう人は多いと思います。

FXの会社の多くには、FX取引をシミュレーションできるサイトがあるようなので、まだ実際の取引が心配な方はまずはFX取引をシミュレーションサイトで疑似体験すると良いと思います。

mt4という有名なツールも無料で入手できるし、利用者も多いみたいですから、システムトレードに興味のある人はコチラも注目です。

マイナスになっても、現実にお金が減るわけではないし、自分なりの取引の仕方がつかめるまで練習できるので安心です。確か有名どころのマネーパートナーズでもあったと思ったけど・・

実際の取引をするためには、会社によって、いろんな取引のツールがあると思うのですが、ツールの使い方も勉強できるし、いざという時に臨機応変に使えるようになったら、心強いです。実際の取引を始める前に、シミュレーションサイトでためしてみようと思います。

売りから入るってどういうこと?

FXでの売買の方法で、「売りから入る」ということが理解しにくい。どうして、持っていない通貨を売ることができるのだろう。これがわからないと先に進めないような気がして困ってしまいました。買いから入るというのは感覚的にわかるんだけど、売りから入るというのはちょっとわかりにくいです。

調べてみたらどうやら、売りから入るというのは、FXの会社から、売る通貨をいったん借りてきて、売っているそうです。借りてくるとは、考え付かなかったです。

円と米ドルで例を挙げると、仮に、現在のドルのレートが1ドル=100円だった場合、FXの会社から、100ドル借りてきて売ると、100円×100ドル=10,000円です。次に、借りた100ドルは返さないといけませんから、レートが1ドル=95円になった時に、100ドル買います。計算は95円×100ドル=9,500円です。9,500円で100ドル買ったことになります。

すると、100ドル売った時に10,000円を手に入れ、100ドル買った時に9,500円支払ったことになって、500円手元に残ります。逆に、1ドル=105円だった場合は、500円損をしてしまいます。売りから入るとはこういう事なんですね。

FXの魅力のレバレッジとは

FXの特徴のひとつで魅力なのは、「少ない元手で大きな金額の外貨取引ができる」ということです。お金が少なくても、大丈夫ということでしょうか。それなら、私にも始められそうです。こういう魅力あるから、FXの個人投資家が増えてきたということにもつながりそうです。

少ない元手で大きな金額の外貨取引ができるということは、「レバレッジ」と呼ばれているそうです。レバレッジとは、保証金を担保に、自己資本以上の金額の投資を行うことを言います。例えば、10万円の資金があったとしてレバレッジ20倍の場合は、10万円の元手で200万円分の取引ができるということです。うまく利益を得られたら、得られる利益も20倍になります。

ただし、リスクも同じようにあるので気をつけなければいけません。なので、レバレッジをきかせる時は、自分が許容できる損失を考えてから、行わないといけないです。ハイリスクハイリターンなのでレバレッジをうまく有効活用できたら良いですね。無知な状態で失敗してお金を借りるようなことをしないように気を付けてください。

公務員なのにパートナーに人気がない職業・・・。

最近人気の職業ランキングで公務員がよく1位になっているけど、公務員は公務員でも警察官はあまり人気がないみたい・・・。

人気が無いといってもその職業に就きたくないというよりは、結婚相手が警察官だとイヤという場合が多いみたい(- -;)
私の友達にも、旦那さんが警察官の人がいますが話を聞いていると、夜中に呼び出されたり、月に何日も家に居なかったりと確かにパートナーがそんな感じだと大変かも!?という感じ・・・。

でも、若い頃ならそんな状況は一体いつ愛を育むのでしょう?とイヤかもしれませんが、ある程度の年齢になってくると逆にそれくらいの方が居心地がいいのでは!?とも思います。実際、私の友達はその方がいいと言っています(笑)。
そんなことで警察官の人は、お見合い結婚も多いみたい。ちなみに離婚率も高いみたいです・・・。
公務員なのに警察官だけは安定は望めないみたいです。仕事も家庭も、危険と隣り合わせといったところでしょうか(- -;)

民間でもse求人未経験でも大丈夫ですよ~とか年収良いですよ~とか見ますけど、それでも一長一短絶対ありますからね。あら探しから入ってしまうとイイ仕事探しってホント難しいよね。

ドイツ語留学は勇気いる

私が学生の頃に比べると今は留学する人は多くなっているでしょう。今になって思うけれど、私は本当に無知だったし、自分の将来について真剣に考えなかったなぁと思うんだけど、高校生の頃、同級生が(私にとっては)突然学校に来なくなった。

不登校かと不思議に思ったけれど、1年間の海外留学だった。代わりに別のクラスに新しい生徒が入ってきた。聞くと、1年間の留学から帰ってきた1個上の先輩だった。留学中は、休学扱いになり帰国すると休学した時の学年からリスタートするのだ。

私にとって、1個下からリスタートすることはとても抵抗があった。1年間ステップアップの為に行った海外留学なのに帰国したら留年したような感覚になるんだもんね。

友達は、先輩の立場になる。学生で留学するってそういう不便なこともあるんだよね。大学では、短期留学を授業の一環として組み込まれている大学もあるけれど、1年以上となると休学するしかないかもね。

でも、大学で語学留学するなら、大学受験を終えて入学する時に1年休学して1年後に復学する方がいいかも、それから大学のお友達を見つければいいよね。大学は、浪人している人もいるから同じ年齢の友達もいるからね。

ドイツ語留学って本当、いろんな(ちょっと違うかもしれないけれど)弊害もあるから、いろんな覚悟をもっていかないといけないね。勇気いるなぁ。私は・・・留学に興味がなかったわけじゃないですが、とりあえずドイツ語教材をコツコツやっている程度でしたね・・。